調理用語の「ひたひたの水」とはどのくらいの水の量でしょうか?

調理用語の「ひたひたの水」とはどのくらいの水の量でしょうか?


   
   
    



材料の頭が見え隠れするくらいの量




posted by nsd at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。