勝負の分かれ目のことを「天王山」といいますが、戦国時代にこの天王山の戦いで明智光秀に勝利した武将は誰でしょう?

勝負の分かれ目のことを「天王山」といいますが、戦国時代にこの天王山の戦いで明智光秀に勝利した武将は誰でしょう?




天王山 - Wikipedia
なかでも、天正10年(1582年)6月に織田信長を討った明智光秀とその仇討ちを果たそうとする羽柴秀吉が戦った山崎の戦いでは、この山を制した方が天下を取ることになるとして「天下分け目の天王山」という言葉で表現され、現在でもスポーツや政治などの重大な試合や局面の比喩にその名を残す。


豊臣秀吉




posted by nsd at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。